• りょうた

一般入試のおはなし

こんにちは!わせけんB2の小丸亮太(おまるりょうた)です。

昨日まではAO入試の話でしたが、今回は一般入試組の一人である僕が担当します!

 ということで一般入試の話を書こうと思うのですが、さて困りました。AO入試に比べて華がありません笑。格落ち感は否めませんがご容赦ください。

入試の特徴としては、一般入試の場合も2時間絵を描く「空間表現」という試験科目があるのですが、自分は過去問をちょこっと覗いた程度で対策などは全くしていなかったです。絵を描くことは嫌いではなかったですが、正直得点源になるくらいの自信は無かったので、一般科目に絞って高3の1年間は専ら英語・数学・理科をやっていました

しかしここで1つ懸念事項が発生しました。英語全然できない問題です。英語って結構覚えなきゃいけない事が多いじゃないですか。でも僕は暗記系がめっちゃ苦手で、英単語とか英文法を覚えるのが嫌で逃げていました。

今だから言えますが、英単語帳は一周していません。また、早稲田理工の英語はかなり難易度が高いというので有名ですが、対応できるはずもなく…。赤本開いて5分で閉じました。なので英語は過去問一切解いていませんでした。

 …なんか自分で書いてて情けなくなってきました。


”きれいな”英単語帳



一方で数学と理科、特に物理に関しては人より少しばかり得意だったので、ここには力を入れました。というか僕は英語での得点が見込めなかったので、入れざるを得ませんでした。

無理して英語を伸ばすよりも、比較的やっていて楽しい数学とか物理とかに時間を使う方が総合的に得点を伸ばせると考えていました。ストレスも感じにくいですしね。←これ個人的に大事だと思います

さて、一般入試を通して1つ思ったことがあります。

全ての項目についてバランスよく鍛えることも大事ですが、何かしら尖っている項目があるとそれは自分の強みになります。ある漫画の場面に次のようなセリフが出てきます。

「戦いは、いかに自分の得意を押し付けるかだ」

このセリフ結構好きで、一般受験だといくつかの科目の試験を課されるわけですが、必ずしも全ての科目で勝たなくてもいいんです。自分の得意な、有利な科目で勝っておいて、最終的に勝ち越せばオールオッケーです。

つらつらとここまで書いてきましたが、何が言いたいかって言うと、受験生がんばれってことです笑。大学にはいろんな人と出会える機会があります!きっと楽しいものになると思うので、ぜひ頑張ってください。応援してまーす!



りょうた

閲覧数:194回0件のコメント

最新記事

すべて表示